ラスゲアード!〜いかにもフラメンコと感じさせる奏法とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

フラメンコ音楽の専門家
池川寿一です。

本日もご覧いただき
まことにありがとうございます。

ギター生徒の自主企画ライブを観に
西日暮里にあるタブラオ
「アルハムブラ」へ行ってきました!
 
19275322_1849954595038680_8546600803906223364_n.jpg

ギター生徒でありながら、
カホン(パーカッション)を自己流で習得して、

長年ギター発表会や合宿では
カホンとギターの二刀流で、
様々な舞台を盛り上げていただいていたのですが、 

来月より海外赴任することになり、
その前に、豪華メンバーを招いての
フラメンコライブを自主企画した、という経緯です。

 

が、、、、
 

観ているこっちが緊張しました!(笑)
 
 

いろいろとハプニングはありましたが
共演の皆さまの温かいサポートのおかげで
無事終えたので、本人ともども
ホッとしましたε-(´∀`*)
  
フラメンコ大好き、
ギター大好きな素晴らしい
仲間たちに感謝です!

 

●さて、昨日の動画は
ご覧いただけましたでしょうか?

フラメンコギターの基本的な奏法を
紹介していますので、
ぜひご覧くださいね。

>>https://youtu.be/ZhkXBMdQdGE

本日は、2本目の動画です。
>>https://youtu.be/cpdHnWfm-fs

今回は、以前開催した
週末ギタリスト養成コース・発表会ライブ
で行われたミニ・フラメンコギター講座
の模様を抜粋しました。

ぜひ最後までお付き合いください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ いかにもフラメンコと感じさせる奏法とは!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

数あるフラメンコ奏法の中でも

「いかにもフラメンコ!」

と感じさせるのが

ラスゲアード奏法です。

これは

「かき鳴らす」という意味のスペイン語で、

その名の通り、

弦を力強くかき鳴らすのが特徴です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 使う指は3本?4本?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ラスゲアード奏法は、
人によって、時代によって、
使われる指が異なります。

具体的には、3本指の場合は、

薬指ダウン→中指ダウン→
人差し指ダウン→人差し指アップ

4本指の場合は、

小指ダウン→薬指ダウン→
中指ダウン→人差し指ダウン→
人差し指アップ

といった具合です。

ぼくは小指はあまり使わないのですが、
人によっては小指を使うことがありますので、
どちらでも構いません。

お気に入りの方でぜひ弾いてみてくださいね。

 

明日はこのラスゲアード奏法を使って、
これまた「いかにもフラメンコ!」
と感じさせるリズムに挑戦していきます。

 
楽しみにしていてください。

今後、ご案内が不要な方はこちらを
クリックして解除を行ってください。
>>%DELETE%

 

「音楽やダンスの表現の幅を広げたい!」「ストレス解消したい!」「一生上達したい!」という方は、こちらのメールマガジン 「はじめてのフラメンコ音楽講座」でお届けしていますのでぜひご登録ください。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 






音楽や踊りで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするアーティストになろう。


フラメンコ音楽の専門家
池川寿一

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。