フラメンコ音楽はこうやって集めよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フラメンコギタリスト
池川寿一です。

先日から

フラメンコ上達のための8ステップ

について、ひとつずつ解説していきます。

ちなみに8ステップとは…。

ステップ1「フラメンコ音楽を集める」

ステップ2「フラメンコ音楽を聴く」

ステップ3「リズム訓練をする」

ステップ4「コンパスを叩く」

ステップ5「フラメンコ音楽と融合させる」

ステップ6「参考事例を増やす」

ステップ7「ストーリーを作る」

ステップ8「世に出る」

です。

 
本日は、

フラメンコ音楽を集めよう その4

についてお話しますね。


昨日に引き続き、

ギタリストや歌い手が聞いて勉強するであろうCD

をご紹介します。

それは、

フラメンコギタリストのCD

です。

ギターのリズムを勉強することは

そのまま歌や踊りのリズムの

勉強にもなります。


最終的には

歌い手も踊り手も

ギターのリズムや音色に乗せて

歌ったり踊ったりするわけですから、

練習する上で、ギターの音を聞くのは

とても大切な作業です。

まず、フラメンコギターの神様、
パコ・デ・ルシア(2014年に亡くなりました)、

その後継者と呼ばれる貴公子ビセンテ・アミーゴ

ジプシーの伝統を受け継ぐトマティートあたりの
ベスト盤(名曲を集めたCD)は

最低1枚ずつ持っておいてもいいと思います。

 

パコ・デ・ルシア(Paco de Lucia)
paco.jpeg

 

ビセンテ・アミーゴ(Vicente Amigo)

vicente.jpeg 

 

トマティート(Tomatito)

 tomatito-2-400x266.jpg


フアン・マヌエル・カニサレス
(Juan Manuel Canizares)

canizares.jpeg 

 

ヘラルド・ヌニェス(Gerardo Nunez)

 gerardo.jpeg

 

Youtubeでそれぞれのアーティスト名で
検索すると動画がたくさん見つかりますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

さらにフラメンコで知りたいことがあれば、

フラメンコ音楽入門メールマガジン】
にて「無料」でお伝えしています。

テクニックや表現方法など、
現状に行き詰まりを感じているダンサーやミュージシャン
新しいダンサー仲間、音楽仲間と出会いたい方は
ぜひ登録しておいてください。

↓↓↓↓
http://flamenco-guide.net/?page_id=423

 

 

それでは、iHasta Luego!(またね!)

 

 

 

「音楽やダンスの表現の幅を広げたい!」「ストレス解消したい!」「一生上達したい!」という方は、こちらのメールマガジン 「はじめてのフラメンコ音楽講座」でお届けしていますのでぜひご登録ください。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 






音楽や踊りで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするアーティストになろう。


フラメンコ音楽の専門家
池川寿一

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*