フラメンコギターの構え方って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フラメンコ音楽の専門家
池川寿一です。

本日もご覧いただき
まことにありがとうございます。

本日は、

「正しいギターの構え方について」

というテーマでお話します。

ギターの構え方については文章で読むより、
実際に動画を見たほうが分かりやすいと思いますので、
こちらに解説動画をアップしました。

動画はこちらです。

>>https://goo.gl/y52uPg

ポイントは3つです。

①椅子に浅めに座る

背筋を軽くのばして座ったほうが、
腰や首を傷めずに済みます。

 

②ギターが身体に当たる場所は3ヶ所

「右足の付け根」「右胸」「右ヒジ」

です。

余計な力がかからないよう、
リラックスしてギターを持ちましょう。

③必要に応じて足を組む

足を組める方は、右足を左足にかけます。
当たる場所は、左足首、または
左太もも付近です。

女性でスカートを履いていたり、
足を組むと腰を痛める方は、組まずに

足台を使うのもオススメです。

本日は以上です。

明日は、

「フラメンコ奏法の特徴」

についてお話しますね。

それでは、また明日お会いしましょう。

 

 

「音楽やダンスの表現の幅を広げたい!」「ストレス解消したい!」「一生上達したい!」という方は、こちらのメールマガジン 「はじめてのフラメンコ音楽講座」でお届けしていますのでぜひご登録ください。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 






音楽や踊りで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするアーティストになろう。


フラメンコ音楽の専門家
池川寿一

 

 

 

SNSでもご購読できます。