難しいからこそ、面白いんです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは!池川です。

今日は、ぼくが主宰する

フラメンコ舞踊伴奏マスターコース

の踊り伴奏レッスンでした。

14441124_1414619665238844_8052647877484756096_n.jpg

このコースでは、日本でよく踊られる12曲種にフォーカスして、
動画教材を使って短期間での舞踊伴奏技術習得を目指しています。

今回は、

・タラント

・アレグリアス

・ソレア・ポル・ブレリア

というフラメンコの伝統的な3曲を合わせました。

この中で、

アレグリアスとソレア・ポル・ブレリアは、

12拍子系の曲種と呼ばれ、

コンパス(フラメンコ独特のリズム・パターン)に

入れながら弾くのが難しいのですが、

その分、踊り手とピッタリと合った時の快感はひとしお!

 

ハマるとクセになる、

そんな魅力あふれる曲です。

 

フラメンコは難しい。

難しいからこそ、面白い。

頑張ったその先には、

人に喜んでもらえる”やりがい”という道が待っています。

 

大好きなギターで人の役に立ち、

喜んでもらいながら、お礼を頂く。

 

それが、フラメンコ舞踊伴奏ギタリストです。

 

日本で数少ないフラメンコ舞踊伴奏ギタリストを増やし、

多くの場所でフラメンコの舞台が実現できるよう、

仲間たちとともに活動していくサポートをしています。

 

「興味がある!」

「どんな内容か知りたい!」

 

という方は下のメールマガジンをぜひ登録してくださいね。

それでは、また!

 

「音楽やダンスの表現の幅を広げたい!」「ストレス解消したい!」「一生上達したい!」という方は、こちらのメールマガジン 「はじめてのフラメンコ音楽講座」でお届けしていますのでぜひご登録ください。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 






音楽や踊りで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするアーティストになろう。


フラメンコ音楽の専門家
池川寿一

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*