実録!夢中になれるフラメンコの面白さとは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!池川寿一です。

先日から、ぼくのギタースクールで

活躍しているインストラクターにスポットを当てて

お届けしています。

それが、田村庄太さんです。

IMG_0848.jpg

もともとはぼくのギター教室へ入会し、
メキメキと腕を上げ、先月ついに、
フラメンコギターインストラクターとしてデビューしました。

そんな田村さんも、
もともとギターが大好きな一人の青年。

Slipnot(スリップノット)
というデスメタル系のコピーバンドもしています。
slipknot.jpg

(ぼくがまったく知らない世界です^^;)

 

そんな田村さんに、
フラメンコのどこが面白いか聞いてみました。

↓ここから

初めてギターを手にしてから、すぐに楽しいと思えました。

他のギターに比べて奏法の種類が多いから自分に合った奏法を見つけやすいです。

ドラムやパーカッションの要素が大きく、リズムの表現の仕方が多いのが魅力的です。

 

↑ここまで。

 

確かにそうですね~。

フラメンコギターは難しい。
でも、面白い。

心からそう思います。

簡単なものは、すぐに飽きてしまいます。

自分より少しハードルが高いものに取り組むからこそ
やりがいがある。

そのやりがいが自分を高めてくれるのです。

そして、フラメンコには、
すべてを包み込んでくれるだけの
大きな包容力があります。

メロディーひとつとっても、
リズムひとつとっても、
無限の広がりがある。

ぼくはその奥深さや魅力を

届けていきたいと思っているのです^^

ギターで人生を楽しむ方法論を

手渡していきます。

 

明日も、田村さんが経験したことを通じて、
フラメンコギターの魅力をお届けしていきますね!
 

 

「音楽やダンスの表現の幅を広げたい!」「ストレス解消したい!」「一生上達したい!」という方は、こちらのメールマガジン 「はじめてのフラメンコ音楽講座」でお届けしていますのでぜひご登録ください。

完全無料でご購読いただけますので、下のフォームよりお気軽にご登録ください。

 






音楽や踊りで自分の夢を叶え、
自分と周りを幸せするアーティストになろう。


フラメンコ音楽の専門家
池川寿一

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*