フラメンコの構成はこうやって伝えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回もフラメンコの曲種の
構成の伝え方についてお話します。

1回目はこちら

2回目はこちら

前回までで、
「カンテ(歌い手)、ギタリストが欲しい情報を伝えよう!」
ということをお伝えしました。

今回はそれらを踏まえて、
具体的にどう伝えたらいいのか、
オススメのフレーズとともにご紹介しますね(^^)

たまに、すごく丁寧に構成を伝えてくださる方がいます。

たとえば…

「ギターサリーダの後、歌のサリーダ、終わったら足を少しやって、
 止まったら1コンパス振って歌です。

「そのあとすぐにファルセータ、少し足をやって、止まったら2歌をお願いします」

「そのあとは、足があって…、、あとはブレリアの歌が・・2つと、最後にハケる歌を
お願いします!!!」

・・・とても丁寧で嬉しいのですが、

この中で必要な情報は、

「1歌、ファルセータ、2歌、ブレリア歌2つ」

だけだったりします(笑)

まず踊りの最小限の構成を知っておきましょう!

●サリーダ(曲の出だし部分)
●歌(歌振り、レトラとも言います)
●足(エスコビージャとも言います)
●ブレリアorタンゴ(曲の終りの部分です)

それぞれの要素のつなぎ目には、

レマーテ(盛り上がる部分)や
ジャマーダ(歌を呼んだり、止まったりする「合図」のこと)

があって、次のパートへ転換するので、
わざわざ「ジャマーダがあって・・・」などと
説明しなくても大丈夫です(^^)

ここで、
分かりやすい構成の伝え方
2通りご紹介しますね!

<時系列順に伝えるパターン>

例:
「1つ目の歌のあとすぐにファルセータで、足、2つ目の歌に行きます。
その後は足をやって、最後はブレリア歌2つでハケます」

よく使われるパターンです。
曲の始めから順を追って構成を解説しています。
ギタリストや歌い手も、頭から順を追ってメモすることが出来ます。

<初めに全体の構成を言ってから、細かいパートを説明するパターン>

例:
「歌2つ、足、最後ブレリア歌2つでハケです。
   1歌の後にファルセータをください。」

先に全体像を伝えておいてから、
後でファルセータや歌の雰囲気など細かい情報を伝えます。
時間がないとき、ササッと伝えたいときに有効です。

どちらも、

「1〜2文ぐらいで簡潔に」

まとめるのがポイントです。

あまり説明が長いと、
リハーサルの時間がなくなってしまいがちなので、
説明はなるべく短時間に、ストレス無くできるといいですよね!

一度自分の振りを見つめなおして、
構成を口で言えるように、
練習してみましょう!

ぜひ試してみてくださいねー!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*